神楽坂建築塾|水上からみた東京2

ヒノキクラフトのブログを利用しながら、感想文の続き。
あくまでも、ヒノキクラフトの視点(?)から。

水は必ず、高いところから低いところへ流れる。
川は、山の養分を街に届け、最後に海に流すのがそもそもの役目。
もとを辿れば山脈があって、出口には海がある。

東京の川は、江戸時代に家康が遊覧や交通を意図して造成したというから、
そこに「遊び」の要素も含まれるけど、
それでもやっぱり、川は自然の流れの一部であって、常に循環している。

都心のように、自然が少なく、
ともすると閉塞感を感じやすい街並みにおいて、
川の流れというのは、
人の意識を遠くに運んでくれる気がする。
彼方まで。

ただ川を見るだけでも、何となくほっとした気分になれるのは、
そういう自然の摂理を肌で感じとっているから。

っていう気がするのですが、どうでしょう。

川に揺られて東京を見ると、
時間がゆったりと感じられる。
あたりまえだけど、
船の揺れは、川の流れの上にのっかっているわけだから、
電車や自動車の揺れとは違って、自然の摂理に依るところが大きい。
(睡眠不足や二日酔いの人は、酔い止め必需品)

建築の専門家は、この川の豊かさをまちづくりに生かす、
という視点で、川に東京の未来の可能性を見いだしている。
東京が「水の都」になったら、とても素敵なことだと思う。

何はともあれ、乗ったことがない人は、乗ってみるといいと思います。
今回の入り口は、JR浅草橋下車のここでした。

屋形船の内観。

からみた、船着き場。

大地の家

Unclassified

Posted by hinokicraft