<< 納品事例 [L型デスクセット] | main | お客様からのお便り [シンプルなテレビボード] >>

オクシズ ワサビ発祥の地へ




静岡駅から車で1時間ほどの場所にある、ワサビ発祥の地「有東木(うとうぎ)」。

檜・杉林に囲まれたこの山間部は、





清らかな湧き水が流れ、





その湧き水を利用した、「ワサビ」の棚田が広がっています。





そして、静岡と言えば、緑茶。

この有東木は、ワサビが有名ですが、お茶も有名。

訪れた時期が、新茶のお茶刈り時期ということもあって、

車から降り立つと、お茶の香りが辺り一面に漂い、深呼吸すると「ホッ」とする気持ち良さ。





その、有東木にある特産品売り場「うつろぎ」。

名産の本ワサビを使ったソフトクリームや、ワサビ漬けなどが販売されています。





来客者には、静岡茶を無料でサービス。

「ワサビ田」へ流れる、清らかな川の前で涼しみながら、静岡茶で一服。





※5月6日〜21日までは、お茶刈りの時期のため、休業とのこと。。





こんな自然に囲まれた、オクシズ「有東木」ですが、

今回の目的は、この店の奥にある食事スペース。





15年ほど前に納品させていただいた、当社のテーブルの現状を確認しにやって来ました。





ゆったりくつろげる畳スペースに、





4cm厚の、檜の座卓。





そして、土間スペースに檜のテーブル。





ビニールマットを敷いてありますが、良い感じの色合いに変化しています。





そのテーブルで、「もり天」を注文。

我ながら、食材を際立たせる檜素材に感動しつつ、蕎麦と本わさびを堪能しました。


本わさびは、とにかく甘いのが特徴。

一口食べると、口の中に甘みが広がり、最後にわさびのツーンとした味がして、

それが静かに消えていくような感覚です。

蕎麦は、歯触り・喉越しの良い手打ち蕎麦。





わさびの葉の天ぷらは、抹茶塩で。

どの食材も、「遠くまで来て良かったな」と思える美味しさ!

お越しの際には、「もり天」がオススメです。





15年経っても、やさしい木肌の檜素材。

汚れにも強い素材だからこそ、多くの飲食店で使われています。

いつまでも変わらない、滑らかな檜の木肌を撫でながら、お店をあとにしました。


自然に囲まれた、静岡のオクシズ地域。

川原でバーベキューをするも良し、のんびり山を散策するも良し。

ヒノキクラフトで使われている檜は、こんなのどかな山々の木を使用して造られています。


これからの季節は、気候も暖かくなって、自然を満喫できる気持ちの良い季節。

自分の使っている机って、どんなところの木を使っているのかな。

家具の産地を見ることで、いままで以上に、使っている家具に愛着が湧くのではないでしょうか。

自然を満喫しながら、「檜のふるさと」へ、ぜひお越し下さい。

 

at 07:00, hinokicraft, 公共施設・店舗等の家具

comments(0), trackbacks(0), - -

comment









trackback
url:http://blog.hinokicraft.jp/trackback/3551