陶器も、続々

こちらも、社長がずっと気にかけていた陶芸作家の作品。
シンプルな、粉引(こひき)の陶器。
釉薬(ゆうやく)によって引き出される絶妙な白が、
なんともいえません。

トロリと垂れた緑色の正体は、藁(ワラ)の灰。
緑のしずくを立体的に仕上げるのは、相当難しいのだとか。

主に、茶道具、茶碗を手がける、静岡在住の作家さんです。
安酒も、この陶器にかかれば
おいしくいただけるはず。

店頭で、販売しています。

作家データ

萩原利昭 氏
1954年 静岡生まれ
1954年 大阪芸術大学卒業 白井半七に師事
1980年 静岡市に築窯
茶道美術公募展 茶碗 入選 多数
現代茶陶展 茶碗 銀賞 ほか

Unclassified

Posted by hinokicraft