檜丸太の選び方

世の中には、さまざまな無垢専門の家具メーカーがあります。

一般的には、製材・乾燥された板状の材料を仕入れているメーカーがほとんどですが、

ヒノキクラフトは、山から切り出されたばかりの、原木丸太を買い付けるところから始まります。

そのため、材料の産地も明確で、安心安全なものをお客さまへご提供できます。

丸太を選ぶ時のポイント。
まずは『年輪』。
年輪と年輪との間隔が狭く、

特に中心部の間隔が狭くなっている物。
間隔が狭いものは、

ゆっくりと時間をかけて成長した証。
材質がしっかりとしています。

次に、材料の育ち方。
まっすぐに育ってきた材。
極端な曲がり材は、

アテが入りやすくなります。
※『アテ』とは、成長する過程で、

 外圧などで木材にストレスがかかり、
 ワレや反りが起こりやすい部分。

この2つのポイント以外にも、

太さや年数、皮の状態や木の育った場所、
山の斜面の方角・向きなど、

さまざまなことを確認します。

自然からいただく、大切な資源。
ヒノキクラフトでは、丸太仕入れから管理し、
初から最後まで責任を持って、

家具造りをしています。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

自社工場・自社職人、少量製作だからこその、

手づくり品質と期間なしのアフターサービス。

創業から、家具産地で想いと技を込めてきた、

つくり手の顔が見える本物の無垢家具づくり

ヒノキクラフト。

 

ホームページ https//hinokicraft.jp

 

工場便り

Posted by hinokicraft