ヒノキクラフトの家具

お客様からかかってきた、1本の電話。

『ケウラさんはいらっしゃいますか?』

『ケウラ??』

実は、ケウラとは、ヒノキクラフトの代表が、一人の職人として家具を創っていた頃の屋号で、

『kevra japan works(ケウラ ジャパン ワークス)』のこと。

職人として制作していた頃となると、約20年前。

今回は、

『子供が独立するので、天板をメンテナンスして欲しい。』という、ご依頼。

20年前とは思えない、スタイリッシュなナラ材の机です。

今回も大胆に描いていただきました、天板アート。

落書き一つ一つに、20年間の思い出が詰まっているのではないでしょうか。

作り手として気になるのが、家具の仕口(組立方法や接合方法)。

一つ一つ、特注の一点ものとして制作していた『kevra japan works』の家具。

毎回、どの家具も仕口が異なり、試行錯誤して作っていたのが、見受けられます。

1台1台、木の動きや強度を検証して、より強い構造体を作り上げていく。

現状が正解ではなく、『常に考え進化していく』ということ。

『きもちいい生活』のための、『きもちいい家具』作り。

ヒノキクラフトの家具作りは、

より良いものを作り上げるために、長年の経験と知識を詰め込んでいます。

 

商品日記

Posted by hinokicraft