便利な巾着フック




大好評、おかたづけラック。

ランドセル置き場、本棚、おもちゃ箱などなど、

多目的にお使いいただけます。





両サイドにはオプションとして、巾着フックを取り付けることも。

横断バックや通学帽、制服などを掛けるのに重宝します。





片側でも、両側でも。





1個でも2個でも。


おかたづけラック、ランドセルラックをご購入の方は、

ご注文時にお選びください。



・おかたづけラック/ランドセルラック各種

 

at 15:50, hinokicraft, 学習机のこだわり

comments(0), trackbacks(0), - -

机のワゴン なにが違うの?





机とセットでご使用いただける『HCワゴン』と『Siワゴン』。


お客様から『なにが違うの?』とお問い合せを頂くことがあります。


サイズは同じですが、取っ手のカタチにご注目。







ーHCワゴンー


かわいらしい丸い彫り込みが特徴のHCワゴン


指を奥まで入れられるように、取っ手の内側にも掘り込み加工


子供の力でも引出しやすいように、配慮してあります。







ーSiワゴンー


正面からは見えない、スリット型の隠し手掛け型の取っ手


引出前板の下側へ彫り込み加工(三段目は上側に彫り込み)





『MサイズとLサイズ、どこが違うの?』







左はMサイズ。右はLサイズ。


高さと奥行きのサイズは一緒ですが、幅が異なります。









Mサイズの3段目の引出しは、A4ファイルを縦置きに収納。








Lサイズの引出しは、A4ファイルを横置きに収納。


さらに、取り外し可能な仕切り板も取り付けてあります。




机のサイズに合わせてワゴンを選ぶことが多いと思いますが、


ワゴン選びのポイントとしてご参考ください。




HCワゴン[M]

at 07:00, hinokicraft, 学習机のこだわり

comments(0), trackbacks(0), - -

木に囲まれて集中力を高める机 MOCUE(モキュ)デスク




木に囲まれて集中力を高める可動式学習机、MOCUEデスク。
天板を高くしても三方にパネルの先が出るので、細かなものが落ちません。

 
【天板・引出】
天板は、節の少ない上質なヒノキを使用。
机手前の面取りは3Rで、スッキリとした仕上がりとなっています。
足元まで覆われているサイドパネルは、北欧的な丸みをもたせ
大人になっても飽きないデザインに。

引出しは、大きめの文具が入るように深めで大きく設定。
底板には、杉無垢材を使用しています。
引出しを開けた時、ふんわり木の良い香りがするのも魅力のひとつ。


【デザイン・高さ調整】
特に子供の時期、集中力を高める習慣をつけることが大切です。
MOCUEデスクは3辺を木で囲むことで、周囲が気にならずに机に向かうことが出来ます。
サイドを利用すれば本立てとしても機能します。

高さは55cm〜73cm、3cm刻みで大人までしっかりと使える7段階に調整可能。
成長に合わせた美しい姿勢が保てます。


【別売セット例 ワゴン・フック&クランプベース】
教科書や資料などより収納力をあげたい時は、ワゴンや上置きがおすすめです。
MOCUEデスクは、脚部が天板の外側についているので、Sサイズの机にM型ワゴンを、
Mサイズの机にL型のワゴンをセットしても足元の空間を十分に確保することができます。

ランドセルや鞄をかけたい時は、ラムネ君フックを。
ラムネ君フックは、高さ調整用の穴へ、どの位置にも取り付けることができます。
デスクライトも専用のクランプベースがありますので、簡単に設置が可能です。


全身で木のぬくもりを感じつつ、集中して机に向かうことのできる学習机。
ひのきを贅沢に使った、高さ調整式MOCUEデスクはいかがでしょうか。


・MOCUEデスク[S]

at 07:00, hinokicraft, 学習机のこだわり

comments(0), trackbacks(0), - -

スタイリッシュな高さ調整机 LOCO(ロコ)デスク

 

スタイリッシュなデザインで、幅広い年齢層に人気の高さ調整机。
ヒノキクラフトの机の中で一番の耐荷重を誇る安心設計なので、パソコンデスクとしても最適です。


【デザイン・高さ調整】
LOCOデスクの特徴は、シンプルで頑丈なサイドフレーム。
高さ調整式の子供用の机ですが、大人になっても使えるデザインは幅広い年齢層に人気です。

天板の高さは55cm〜73cm、3cm刻みで大人までしっかりと使える、7段階調整式。
高さ調整式の椅子と組み合わせて、美しい姿勢を保ちながら大人になるまで使用できます。



【天板・引出】
天板は、節の少ない上質なヒノキを使用。
机手前の面取りは3Rで、大人っぽい仕上がりとなっています。
また、サイドフレームは、4cm厚の板を使用しているため、数ある学習机の中で、
一番の耐荷重を誇る安定性があり、堅牢なデザインがこの机の大きな特徴です。

引出しは、大きめの文具が入るように、深めで大きく設定。
底板には、杉無垢材を使用しています。
引出しを開けた時、ふんわり木の良い香りがするのも魅力のひとつ。


【別売セット例 ワゴン・フック&クランプベース】
教科書や資料など、より収納力をあげたい時は、ワゴンや上置きをご使用ください。
LOCOデスクは、脚部が天板の外側についているので、Sサイズの机にM型ワゴンを、
Mサイズの机にL型のワゴンをセットしても、足元の空間を十分に確保することができます。

また、ランドセルや鞄をかけたい時は、ラムネ君フックを。
ラムネ君フックは、高さ調整用の穴どの位置にも取り付けることができます。
デスクライトも専用のクランプベースがありますので、簡単に設置が可能です。

スタイリッシュで機能的な高さ調整式学習机。
大人になってもずっと大切に使い続けて欲しい、
そんな想いの詰まったLOCOデスクはいかがでしょうか。

・LOCO(ロコ)デスク

at 16:53, hinokicraft, 学習机のこだわり

comments(0), trackbacks(0), - -

低価格のフルオーダーデスク Pre(プレ)デスク

 

引出しが付いていない、低価格のフルオーダーデスク。
シンプルといえどもテーブルと同じ構造、だから強度はしっかりと確保。


[天板・脚部]
天板は節多めの設定とし、引出しは取り付けず、できる限りの低価格を追求しました。
面取り(角のまるみ)は3Rに仕上げ、大人っぽい仕上がりに。
※ご希望に合わせ、丸く仕上げることも可能です。

脚部は安定感のある5cm角のヒノキ材を使用。
本体との接合部分は、テーブルと同じように、1本の脚に8mmのボルトを2本取り付けているので、
しっかりとした構造体になっています。


[サイズオーダー]
脚は簡単に取外しできるので、テーブルやローデスクとしても使用可能。
比較的安価に、大きさと高さを1cm刻みのフルサイズオーダーで制作できます。


[サイドフック]
ご注文時に「ラムネ君フック」と合わせてご注文いただければ、
お好みの位置に穴を開けることができます。

余計なものを着飾らない、ひのき無垢のプレーンデスク。
お部屋のスペースに合わせて、サイズオーダー対応のPreデスクはいかがでしょうか。


at 17:10, hinokicraft, 学習机のこだわり

comments(0), trackbacks(0), - -

コモデスク


コモデスクは、学校用机のノウハウをもとに、家庭向けにデザインしました。
椅子を引かなくても横から出入りしやすい、実績あるロングセラー机です。
丸みのあるデザインと強度試験に基づく確かな設計。安心して使えます。


[天板/引出]
天板は節有り設定となっています。
面取りは6Rで、やや丸みのあるやさしい形状。

三角定規やスケッチブックなど大きめな文具を収納できるように、
大きく深めな2つの引出を設定しました。
このタイプの引出だけ丸みをもたせ、さりげなくやさしさを演出しています。
底板には杉の無垢材を使っているので、引出しを開けた時、ふんわり木の香りが漂います。


[脚部]
椅子を引かなくても横から出入りができる脚の形状が、この机の大きな特徴です。
お子様が小さな時はとても使いやすい机です。

また、子供っぽくなりがちな高さ調整式机の脚部をフレーム形状にして、
軽さを追求すると同時に、視覚的にシャープな感覚をプラスしたデザインとなっています。

高さは3cm刻みで7段階の調整が可能。
大人までしっかりと使えるうえ、体型に合わせて、良い姿勢が保てます。
高さ調整機能がありながら、学校用机のノウハウを応用した、強度をしっかり保つ構造体で仕上げています。


[フック/サイズ]
ラムネ君フックは、高さを下から2段目にしたときから、高さ調整パネル中央部に装着が可能。
ランドセルをかけるとピタっと収まる、最適なフック位置となっています。

サイズは、小振りなSサイズから、Mサイズ、ちょっと大きめのMLサイズまでの3サイズを設定しました。


小学生から大人まで、ジャストサイズでご使用いただけるコモデスクはいかがでしょうか。



at 07:00, hinokicraft, 学習机のこだわり

comments(0), trackbacks(0), - -

究極のスリムデザイン CSLデスク


デスクにもテーブルにもなる、スリムデザイン・CSLデスクをピックアップ。

強度の限界までぜい肉をそぎ落とした設計。
一切の装飾を排除した極限的なデザインでありながら、引出し三つの機能性も確保。
シンプルに暮らす人のための、スマートなデスクです。


[天板/引出]
CSLデスクの天板は、節の少ない上質なヒノキを初めから設定してあります。
面取り(角の丸み)は3Rで、大人っぽい仕上がりに。

全体のプロポーションをすっきりとさせるために、あえて浅めの引き出しに設計。
収納品を振り分け整理しやすいように、引出しは3つに分割してあります。(Sは2つの引出し)
底板には、杉の無垢材を使用。


[脚部]
極限までぜい肉を落とした、プロポーション重視のシンプルデスクです。
大人の女性が都会のワンルームに置いても似合いそうな、繊細なデザインに。

四本の脚部のみ、樺桜材を使用して強度をアップさせています。
3.5×5cm角で、特に正面から見ると、すっきりと華奢なイメージとなるようにデザインしています。


[サイズ]
脚貫がないので、将来的にテーブルとして活躍することができ、
別途販売のロータイプ脚と取り替えれば、文机としてご使用いただけます。

サイズはちいさめなSから、MS、Mまでの3サイズを設定しました。


使い方いろいろ、ちょこっと書きものをする書斎や、廊下に置く飾り台などとしても、
気軽に取り入れていただけるシンプルデザインの机です。


続きを読む >>

at 07:00, hinokicraft, 学習机のこだわり

comments(0), trackbacks(0), - -

ヒノキクラフトオリジナル金具

ヒノキクラフトでは、机等の大きな商品は配送・運搬を考えて組み立て式となっています。
今回は、組み立て時に使用する当社オリジナルの金具を少しだけご紹介。


まずは、人気のある2本脚机のコモデスクに使用しているオリジナル金具。
高さを調整ができる机のなかで、このコモデスクは、椅子を引かずに机の横から出られるように、
横から見るとH型の形に設計されています。


以前紹介したように、このH型の強度を保つ為に、
天板との連結部分へ強度パーツを入れていますが、もう一つ、
強度を保つ秘密があります。

それが、高さ調整する為の接合金具です。


連結用ボルトの受け金具には、15年前に試行錯誤し作り上げた当社オリジナルの袋ナット。
外側には締め込んだり、緩めたりする時、作業しやすいように、六角レンチ仕様の穴も開けられています。

通常、金具はできるだけ目立たないように、13mmヘッドの小さめのボルトを使用しますが、
13mmヘッドの小さなボルトと、18mmヘッドの大きなボルトで、強度比較試験をした結果、
大きめのボルトでなければ、二本脚デスクのグラつきを抑えられないという、強度不足が判明しました。
高さ調整式のデスクは、脚部の接合強度が第一。不安定な机では、安心して使用出来ません。
そこで、当社の二本脚デスクには、18mmヘッドの大きめのボルトを使用しています。



さらに、この大きめのボルトに使用するスプリングワッシャーにも秘密があります。
大きめのスプリングワッシャーは、締め付け力が強いがゆえ、
ワッシャーの角が抵抗となり緩めづらいというデメリットがあります。
 また、ボルトを緩める時にスプリングワッシャーの角が、平ワッシャーを削ってしまい、
鉄粉が出てしまいます。
その鉄粉が刺さったり、お子様の口の中に入ってしまってはたいへん。
そこで、手間は掛かりますが、ボルトを緩める時に鉄粉がでないように、
職人が、1枚1枚スプリングワッシャーの角を、地道にグラインダーで研磨をしています。



無垢家具の品質は、作り手の細かな気遣いで大きく変わります。
ヒノキクラフトは、一番大切な『安心してつかえる家具』をお客様にご使用いただく為に、
「細かなことも日々改善」をモットーとしております。



at 11:46, hinokicraft, 学習机のこだわり

comments(0), trackbacks(0), - -

机の高さについて

ちまたでは、机の高さが72cm,73cm,さらには76cmの物まで流通しています。
机の高さに合わせて、椅子の高さを無理矢理高く設計したものもありますが、
ヒノキクラフトでは日本人にあった日本人向けサイズをお勧めしてしています。


机の高さというのは、どれくらいがちょうど良く感じるかというと、
椅子の高さから算出できます。
椅子に座って靴やスリッパをはかずに足裏がきちんと床に着くのが理想的と言えますが、
日本人男女の平均的な体型で椅子の座面の高さは42cmが適当と言えます。
その椅子の高さから逆算し、勉強したりするときに70cmの机の高さがちょうど良く感じます。 

机に限らず、ダイニングテーブルも同じです。
この机の高さを自信を持ってお勧め出来るのは、
当社が19年間机を作り続けきてきた中での、
お客様の声から適正な高さだと判断しております。

また、オフィス等で使用されている、大手事務機メーカーの推奨サイズは、
平均的に70cmのものが多いことも事実です。

一般的な大人がデスクワークで使用している机の高さが70cmという事は、
日本人の机サイズの基準と考えても良いのではないでしょうか。
なぜ、73cmや、それ以上高い机が普及したのか、様々な要因が考えられます。



一昔前の机、アンティークな机の高さが76cm

一昔前の机や、アンティークな机を見ると高さが76cmのものが多く見受けられます。

それは、引き出し自体の構造が昔は大きく作られていたので、
モモにあたり窮屈になるのをさける為に机自体の高さを上げていました。
さらには、子供でも座れるように高さ調整式の椅子で、
高さを無理矢理高くして使用していたのが定着してしまっています。



海外との文化の違い

全世界共通で販売されている椅子などは、ほとんどが量産品で、
日本人向けのサイズで作っているのではなく、
国内で販売されているものでも外国製のものがほとんどで、
大柄な西洋人向けの基準サイズとして安価で輸入され、流通しています。
近年、日本人の体型がすこしづつ大きくなっているという話もありますが、
体型だけではなく、海外との文化の違いも考えてみて下さい。
家の中の生活は、海外は靴文化、日本はくつぬぎの文化です。
靴底の厚さでも2〜3cmの差が出てきてしまいます。

 

現代のパソコン社会の中で、パソコン用の机の高さの平均的な統計をみても、
高さ調整式のもので60cmから、高くても70cmの物がしめています。


一生物の家具

自分に合わない机のサイズを選んでしまうと、肩コリ・腰痛などの原因となりかねません。
椅子は少々低くても問題有りませんが、高いと股を圧迫して不快になります。

それでも、将来体が大きくなると予測出来るお子様には、
高さ調整式の机や4本脚デスクの高さのみ変更出来るセミオーダー品をご用意しております。

デスクワークの原因による病気が深刻化している中、
「一生物の家具」をコンセプトとする当社では、
大人になってからも気持ちよく使える机をサイズ選びから考えております。



at 10:51, hinokicraft, 学習机のこだわり

comments(0), trackbacks(0), - -

学習キャスターワゴン/カタチいろいろ無垢の取っ手


以前、制作していた当社オリジナル、つまみ取っ手のひのきワゴン。
つまみを取り付けると、ワゴンがかわいらしいイメージになりますね。
ワゴンだけではなく、机や上置きの引出しに取り付けることもできます。



キノコのようなものやお豆型の取っ手など、大小さまざまなものがあります。
今回は、その中でもおすすめの取っ手をご紹介。



Aタイプ1ヶ420円



Bタイプ1ヶ315円



Cタイプ1ヶ315円



Dタイプ1ヶ315円



Eタイプ 1ケ1,260円


家具のアクセントとして、取っ手をカラー塗装することもできます。
取っ手をつけて、自分だけのオリジナルワゴンを作ってみてはいかがでしょうか。






at 15:39, hinokicraft, 学習机のこだわり

comments(0), trackbacks(0), - -