<< 幼稚園・保育園の子ども家具 幼児折り脚テーブル | main | 卵型天板 キャスター付きエッグテーブル >>

特別仕様 職人がつくる 胡桃(くるみ)と山桜の学習机

 ヒノキクラフト 日本の木 胡桃と山桜

 

空間にすっと溶け込む空気のような机。

1cm刻みのサイズオーダーが可能な、

シンプルフォルムのリビングデスク。

流行に左右されない、4本脚の学習机。

 

 

ヒノキクラフト 日本の木 胡桃と山桜2

 

学習机として、書斎机として、

または、ミニテーブルとしても使える、

子供から大人まで、幅広い層からの人気デスク。

 

ヒノキクラフト人気No.1 四本脚学習机に、

このたび、特別仕様が新登場!

 

天板に、日本の貴重な広葉樹無垢材を使用、

胡桃(くるみ)無垢材と山桜無垢材をセレクト。

天板以外は、ヒノキ無垢材となります。

広葉樹と檜色のコントラストがマッチング、

とても雰囲気のいい、特別仕様の学習机です。

※サイズは、下記の二種類となります。

横幅80cm☓奥行き60cmの「S」サイズ

横幅100cm☓奥行き60cmの「M」サイズ

 

 

ヒノキクラフト 日本の木 胡桃と山桜

 

■胡桃(くるみ)

おつまみとして食べられる、胡桃の実。

(その実をつける樹種・正式名称オニグルミ)

そんな美味しそうな広葉樹材です。

日本を代表する広葉樹の一つで、

はっきりとした木目が自然感を高めます。

英訳すると、ウォールナット。

国外のウォールナットほど、濃い色ではなく、

浅すぎず、深すぎず、ほど良い色合いの胡桃。

日本的な情緒のある茶系の色気が特徴です。

手触りは、広葉樹の中では暖かみがある方で、

素材感的には檜との相性がいい広葉樹です。

*一部白太(しらた)と呼ばれる

 白っぽい部分が入ることもあります。

胡桃も檜同様、経年変化で、

味わい深い色合いに育っていきます。

 

 

ヒノキクラフト 日本の木 胡桃と山桜

 

■山桜(やまざくら)

日本を代表する広葉樹「桜」。

桜と言えば、春に花咲くソメイヨシノを

連想するかと思いますが、

山桜は里山に植生し、ソメイヨシノより、

少し控えめな花を楽しませてくれる樹種です。

木目は繊細ですっとした表情が多くなります。

木肌の特徴は、目が詰まっていて硬く、

ツルッとした手触りの滑らかさがあります。

色合いは、赤茶色のベースに、

複雑なこげ茶色の薄めの木目ラインが入り、

樹の力強さを感じさせてくれます。

*一部白太(しらた)と呼ばれる

 白っぽい部分が入ることもあります。

山桜も、経年変化で、

より深い赤茶色に味わい深く育ちます。

 

 

ヒノキクラフト 日本の木 胡桃と山桜

 

□木材の樹齢・天然乾燥について

 

胡桃と山桜の天板は、

樹齢150年以上の丸太を使用しています。

150年前といえば、江戸時代の終わり頃。

長い時間をかけた、希少な材料なのです。

 

さらに、伐採した丸太は、

1年半以上掛けて、天然乾燥をします。

ゆっくりと時間をかけ、

水分と灰汁(あく)抜きをしながら、

家具に適した状態になるまで、乾燥させます。

 

 

ヒノキクラフト 日本の木 胡桃と山桜

 

じっくりと天然乾燥させた丸太は、

製材工程に移ります。

まずは丸太の樹皮をバールではぎ取り、

内面の状態ををしっかりと確認。

 

 

 

製材機の大きなバンドソーで、

正確に、指定の厚みに挽き割ります。

 

 

ヒノキクラフト 日本の木 胡桃と山桜

 

天板材は、他の丸太の材と混在させず、

一本の丸太の中から取れた材を使います。

同じ樹種の丸太であっても、広葉樹は、

檜と異なり木肌の感じが異なることが多く、

そのため、ひとつの細工は一本の丸太でと。

業界では、「共木(ともぎ)」と呼ばれ、

色合いや、木肌感の表情がまとまり、

仕上がりの品質に大きな差がでます。

 

 

 

天板材の合わせ方も、自然な感じになるように、

 

 

 

熟練職人の目と手で、気づかいます。

 

 

ヒノキクラフト 日本の木 胡桃と山桜

 

当たり前ですが、仕上げの研磨も丁寧に。

 

加工完了後、塗装工程へ。

胡桃と山桜に適した、通常よりワンランク上、

ドイツの自然系オイルを使用しています。

 

ヒノキクラフト 日本の木 胡桃と山桜

《胡桃天板・1》

 

 

 

《胡桃天板・2》

 

 

 

ヒノキクラフト 日本の木 胡桃と山桜

《山桜天板・1》

 

 

 

ヒノキクラフト 日本の木 胡桃と山桜

《山桜天板・2》

 

 

胡桃と山桜は、

色の濃淡があったり、

灰汁(あく)の跡が出てしまったりと、

個性的な広葉樹天板であります。

一枚一枚、表情が異なります。

ですから。

一枚一枚、選んでお買い上げください。

商品ページに一枚づつ、

天板の写真を掲載してあります。

 

ただ、経年変化で味わい深く、

個性的だった表情は次第に、

落ち着いた表情へと育ちます。

 

 

ヒノキクラフト 日本の木 胡桃と山桜

 

胡桃と山桜。

日本を代表する里山の木。

 

一つ一つ違う、天板板の表情を確認しながら、

お客様に合った机を、お買い求めください。

 

リビングデスク[S] 胡桃天板  価格52,000円

リビングデスク[S] 山桜天板  価格52,000円

リビングデスク[M]胡桃天板  価格61,000円

リビングデスク[M]山桜天板  価格61,000円

 *上記価格は税込みとなります。

 

 

リビングデスクのカテゴリーを見る

 

学習机のカテゴリーを見る

 

自社工場・自社職人、少量製作だからこその、

手づくり品質と期間なしのアフターサービス。

創業から、家具産地で想いと技を込めてきた、

つくり手の顔が見える本物の無垢家具づくり

ヒノキクラフト。

 

ホームページ https//hinokicraft.jp

 

 

檜材について(参照/森林・林業学習館)

 

 

at 00:00, hinokicraft, くるみとさくら

comments(0), trackbacks(0), - -

comment









trackback
url:http://blog.hinokicraft.jp/trackback/4268