<< ひのき無垢テーブルとテレビボード[新居の家具] | main | 檜無垢一枚板の座卓 >>

丸棒を差し込む穴を、等間隔に空ける加工

 

 

既製品を使ったセミオーダー

 

 

 

今回のオーダーは、

オープンラックの側板(柱)に、

ストッパー用の丸棒を取り付け。

 

 

既成品として完成しているパーツへ、

等間隔(6cmピッチ)で、

丸棒用の穴を追加で加工するのですが、

 

 

この柱へ、左右対称で「等間隔」に、

さらに、多くの穴を開ける作業は、

案外たいへんなのです。

 

 

そういった時には、

ピッチに合わせた治具(6cmの板)を用意して、

 

 

 

その板を1枚づつ抜いていきながら、

正確に穴を開けていきます。

穴を開ける方法はこれだけでは有りませんが、

早く、正確に作るためには、

いろいろな加工方法の「引出(ひきだし)」を

持っていなければなりません。

次回は、今よりさらに、早く正確に。

 

 

 

自社工場・自社職人、少量製作だからこその、

手づくり品質と期間なしのアフターサービス。

創業から、家具産地で想いと技を込めてきた、

つくり手の顔が見える本物の無垢家具づくり

ヒノキクラフト。

 

ホームページ https//hinokicraft.jp

 

at 07:00, hinokicraft, 工場便り

comments(0), trackbacks(0), - -

comment









trackback
url:http://blog.hinokicraft.jp/trackback/4249