<< ひのき無垢 人気の格子引戸テレビボード | main | 檜無垢食器棚とアメリカンチェリーのテーブル >>

強靭で心地よい 倉敷帆布

ヒノキクラフト 倉敷帆布

 

新製品として、クッション座の生地にラインナップした、帆布素材、

子供用の椅子からダイニングチェア、ソファの生地に使用しています。

 

 

ヒノキクラフト 倉敷帆布2

 

帆布生地、文字のごとく船の帆(セール)として使用するほど強靭なのです、

素材は綿100%、すなわち天然素材、

化学物質も発生せず、使うほどに布の味が出てきます。

 

 

ヒノキクラフト 倉敷帆布2

 

数ある生地屋さんがあるなか、ヒノキクラフトが使用する帆布は、

日本一の綿帆布生産地・岡山県倉敷市の「倉敷帆布」をセレクトしました。

 

 

ヒノキクラフト 倉敷帆布3

 

原材料の「綿花」、気持ちよさそうです。

 

 

ヒノキクラフト 倉敷帆布4

 

歴史は古く、明治15年創業の老舗、ズラッと並んだ、歴史を感じる「織り機」。

 

 

ヒノキクラフト 倉敷帆布5

 

 

加工の工程は、昔から大きくは変わらず、

 

 

ヒノキクラフト 倉敷帆布6

 

ヒノキクラフト 倉敷帆布7

 

熟練の職人が織り上げます。

 

 

ヒノキクラフト 倉敷帆布10

 

紡績上がりの原糸2〜8本を、1本の糸に合わせ、

合わせ糸本数で号数が決まり、帆布の厚さ・強さが変わります。

 

 

ヒノキクラフト 倉敷帆布11

 

ヒノキクラフト 倉敷帆布12

 

各工程で、細心の注意を払い、

キズの箇所・縫い目の仕上がり具合など、人の目でしっかりと検品し、品質を管理。

 

 

ヒノキクラフト 倉敷帆布14

 

ヒノキクラフト 倉敷帆布15

 

1台の織機で織り上げられるのは、1日8時間で50〜70mほどとか、

 

 

ヒノキクラフト 倉敷帆布16

 

たくさんの工程を経て織り上げる、老舗中の老舗、倉敷帆布。

 

 

ヒノキクラフト 倉敷帆布17

 

織り加工が終わり「生地染め」へ、

色とりどり・色鮮やかな、染色の生地に。

 

 

ヒノキクラフト 倉敷帆布18

 

「丈夫」な素材ゆえに、使い始めは張りがあり、

少し硬く感じることもありますが、化学繊維のように擦り切れることなく、

使い込むほど体に馴染み、柔らかくしなやかになり、味わい深い風合いに育ちます、

 

まるで無垢の木と同じように、経年変化を楽しめる素材なのです。

 

倉敷帆布

 

ホームページ https//hinokicraft.jp

 

 

at 07:00, hinokicraft, 商品日記

comments(0), trackbacks(0), - -

comment









trackback
url:http://blog.hinokicraft.jp/trackback/4206