<< ひのき無垢 カウンター食器棚 | main | ひのき無垢 オーブン・レンジ収納棚 >>

工場便り [オーダー家具]

 

 

一点一点、職人の手で作り上げる、ヒノキクラフトの家具

 

家具の加工は、加工担当の職人と、木取り職人の打ち合わせからスタートします

 

図面を見ながら、材料の長さや材質を確認して、無駄の無いように材料を選びます

 

 

「ここは、表にくるパーツから、節を注意して」

 

「ここは、接合部にあたるから、材質を特に注意!」

 

コミュニケーションを取りながら、制作が進みます

 

 

 

 

今回作る家具は、食器棚

 

 

 

 

箱物・棚物家具は、板と板を貼り合わせてつくる面材(接ぎ材)が多く、

 

特に手間が掛かります

 

 

 

 

接合する棚板に、ボーリングマシーン(ダボ穴開け機械)で、正確に穴開け加工

 

均等に並んだダボ穴ですが、相手は無垢の木

 

 

 

 

梅雨時の加工は、いつもより手間がかかるのです

 

この時期は、加工した日が1日違うだけでも、湿気の影響で材料が膨らんでしまい、

 

穴位置がズレてしまったり、大きさが変わってしまったり、、

 

組立前に、もう一度サイズを確認して、微調整しながら作業を進めます

 

 

 

 

「ピッタリ合うかな!?」

 

「おー、バッチリ!」

 

 

 

 

プレス機に入れて、ボンドで固めます

 

 

 

 

幕板はクランプで取り付け

 

 

 

 

裏板も、無垢の杉板を一枚一枚、取り付けます

 

 

 

 

スライドレールの精度も問題無し!

 

 

 

 

こうして、工場の加工は無事終了

 

 

 

 

塗装行程を経て、金具を取り付け、製品の完成です

 

 

http://blog.hinokicraft.jp/?eid=4205

 

 

at 07:00, hinokicraft, 工場便り

comments(0), trackbacks(0), - -

comment









trackback
url:http://blog.hinokicraft.jp/trackback/4205