<< ひのき無垢 4本脚のテレビボード | main | プルチェア 特注生地 >>

ひのき無垢 学習机ワゴンの構造



ガッチリとした、重量感のある学習机ワゴン。
今回は、このワゴンの構造体を、ちょこっとだけ紹介。




引出しや裏板を取り付けていないワゴンの本体。




内部を覗くと、

外からは見えない棚板や底板にも、

ふんだんに無垢材を使用しています。
「見えない部分なのだから、もったいないんじゃないの?」
そうですよね。
もちろん、安価にするため材をはぶくことも可能です。
ですが、構造体としてただの四角ですと、

将来的に、ひずみが生じたりして使いづらくなることも、

学習机ワゴンには、かなりの収納物が収まります、

紙は特に重たいのです、すなわち本体に荷重がかかります、

常にワゴンは強靭でなければなりません。

実は箱物家具の強度は、構造体だけの問題ではないのです、

組み立て順序や接着方法など、もっと秘密があります、

そのためにも、この構造体が必要なのです。




そしてなにより、合板などとは違い、

無垢材は「木が動き」ます。
ガッチリとした強度が無ければ、
長年使用している間に引出がスムーズに

開閉出来なくなる事があるのです。
 

必要なところには惜しまず材料を使い、

強度を保たせているのです。
長年の経験を生かした無垢家具造り。
一生物の家具ですから、一つ一つ、丁寧に。

ワゴン各種

 

学習机のページを見る

 

自社工場・自社職人、少量製作だからこその、

手づくり品質と期間なしのアフターサービス。

創業から、家具産地で想いと技を込めてきた、

つくり手の顔が見える本物の無垢家具づくり

ヒノキクラフト。

 

ホームページ https//hinokicraft.jp

 

 

檜材について(参照/森林・林業学習館)

 

 

at 07:00, hinokicraft, 学習机のこだわり

comments(0), trackbacks(0), - -

comment









trackback
url:http://blog.hinokicraft.jp/trackback/3333