<< 納品事例 [家族でヒノキ家具] | main | お客様からのお便り [オレの机] >>

モキュデスクの秘密




ヒノキ材をふんだんに使用した人気の学習机、MOCUE(モキュ)デスク。

人気の理由は、三方ぐるりと木に囲まれ、集中して勉強に取り組めるところ。

大人が使う書斎用の机としても、好評です。





このモキュデスク、囲いとなる脚部は面材のヒノキを使用しているのですが、

木の伸縮の影響で木部が破損してしまわないように、接合部にはちょっとした「秘密」が隠されています。





脚部を取り外すと、本体側のボルトの入る接合穴は、楕円形に加工されています。

通常、ボルトと同じ大きさの穴を開けますが、

楕円形に加工することで、木が伸縮したときに対応できる構造体に。

無垢の木は、10cmに対して1mm前後伸縮するとも言われているので、

天板同様、この脚部の接合部は、木の動きに耐え得る構造体でなければなりません。





もちろん、この接合部の内側も楕円形。

ひと手間、ふた手間かかりますが、長年の経験から培われた知識がカタチになっています。

「無垢の家具作り」って、奥が深いですね。

デザインだけではなく、「木を生かす」構造作りが重要となってくるのです。


MOCUEデスク[S]

MOCUEデスク[M]

 

at 07:00, hinokicraft, 学習机のこだわり

comments(0), trackbacks(0), - -

comment









trackback
url:http://blog.hinokicraft.jp/trackback/3234