<< お客様からのお便り [開き戸収納] | main | ブラウン塗装のダイニングセット >>

職業体験学習

5月20日〜22日の三日間、職業体験実習ということで、

静岡市内の中学生2名、ヒノキクラフト『DEPOT(倉庫)』にて、

家具の塗装・梱包・組立などを実習しました。





真剣な眼差しの二人。

組立説明書をしっかりと見て、慎重に組立作業。





杉の本棚を、二人で組み立てました。

時間は掛かりましたが、組み立てた家具を見てニヤリ。


この作業は、物を作り上げる最終行程で、もっともやりがいのあるもの。

こういった経験は、大人になるにしたがって、少なくなっていくのでは。





実習最終日は、静岡県庁へ。





自分たちで塗装し組み立てた、杉の本棚を2台、納品させていただきました。





最後に、本棚の前でパチリ。

子どもたちが、『静岡県庁に、自分たちが組み立てた家具があるんだよ。』

なんて、自慢話になってもらえればなと思いつつ。


家具というカタチになるまでには、

山から木を切り出し、木材を加工、塗装などなど、数々の行程を経てカタチになります。

木を植えたところから換算すると、この本棚になるまでには、60年以上の年月が掛かっているのです。


今回の実習を通して、身近な『モノ』や家具は、

自動的に作られているものだけではなく、

一つ一つ、人の手で作られているものがたくさんあること、

そして、長い年月を経て、さまざまな人の手が関わって、

一つの製品が出来上がっていることを、学習してもらえたらと思います。


中学生のお二人さん、お仕事、お疲れ様でした!


 

at 16:29, hinokicraft, お知らせ

comments(0), trackbacks(0), - -

comment









trackback
url:http://blog.hinokicraft.jp/trackback/2839